深夜作業での「眠くならない方法3選」と寝落ちせず起きる方法。

雑記

勉強や仕事が終わらず、徹夜作業・・。という経験は誰でもしたことがあるはず。

そんな時、「眠たい・・・。けど、眠ったらダメだ・・・。けど眠たい・・」という葛藤と戦ったこともあるのではないでしょうか?

眠気を覚ますために僕がやっていること3つ。そしてそもそも徹夜というハードワークに陥らない方法と、どうしても眠たくなったらというラインナップで、僕自身が気を付けていることをご紹介します!

これには正解がありません。その時の状況にもよるし、レッドブル何本飲もうが、寝ちゃう時は寝ちゃうので。。あくまで個人的に実践していることなので、皆さんも色々試しながら、自分にあった方法を見つけてください。

はじめに。

はじめに自己紹介をしておきます。なぜ、これをまとめようかと思ったかというと、現在、僕自身が徹夜することが多いからです。

現在、フリーランスで広告漫画やYouTube漫画の作画をしており、激務です。激務というか、フリーランスなので、仕事は選べるのだけど、ついつい舞い込んでくる仕事を全部引き受けていると、自分でも「こなせるのかこれ・・・」と不安になる量になってしまい、結果、毎日のように徹夜作業をしています。そういうことを話すと「大丈夫?!」と心配がられたり、友達から「大変。。」と可哀想がられたりしているのですが、今のところ、描く作業が好きなので、へっちゃらです。13時間労働で毎日深夜1時に帰宅してた1年間の漫画アシスタント時代の方が数倍キツかったですね。

*そもそも徹夜しないために「スケジュールに余裕を持つ(納期、進捗など)」

これは、そもそも徹夜しないための、絶対条件です。

納期がきつくして自分を追い込んだ方が、集中できるのですが、必ず疲弊します。そんなことばかりを続けてはいられません。大切なのは、余裕を持ったスケジュールをたてることです。仕事であれば余裕を見た納期をクライアントに伝えることです。「仕事ができる」と思われたいがために、「これぐらいでできますよ!」と早めの納品日程を示したい気持ちもわかりますし、僕もそうしがちです。が、それで疲弊することが多くなってからは、余裕を持ったスタンスに変えました。その上で、徹夜しているわけです。だから最悪、寝落ちしてしまっても、大丈夫なわけで、頑張った分さらに「時間的な貯金」が増える!と思うと、精神的にもだいぶ優位な状態で、仕事ができます。そして実際は伝えた納期よりも早く納品するので、クライアントにも喜ばれます。

その上で、徹夜作業中の

眠気を覚ますために その1「姿勢を良くする」

胸を張るポーズをすると、「しっかりした自分」に徐々にチェンジできます。姿勢を良くすることで、仕事モードに切り替わります。お菓子ばっかり食べてしまったり、ついつい漫画やネットサーフィンしてしまいがちな時は、姿勢を良くしてみてください。これはメンタリストのDAIGOさんがYouTubeで「胸を張るポーズをとれば、やる気が出る」と言っていたことの応用です。姿勢を良くすることは、メンタルにも影響を及ぼします。

眠気を覚ますために その2「 炭水化物を取らない」

炭水化物をとると眠くなると言われています。

夜食の定番のラーメンですがを「これを食べて今日は頑張ろう!」とラーメンを食べてしまった日は大抵・・・寝てしまいます。これは万人におすすめできる方法ではないかもしれませんが、僕は朝ご飯も抜いています。すると午前中、まったく眠くなりません。ことわざにも「腹の皮が張れば目の皮がたるむ」とあります。お腹がいっぱいだと眠くなってしまいます。とりわけご飯や麺類などの炭水化物は眠くなると言われているので、摂取を控えましょう。

眠気を覚ますために その3「カフェインをとる」

定番ですが、カフェインを取る。僕は熱い珈琲や紅茶、お茶を徹夜作業のお供にしています。

どうしても眠くなったら「玄関や床で寝る」

あまりお勧めできる方法とは言えませんが、かなり効果的な方法です。どうしても眠たくなった時は、床で寝ます。フローリングや玄関など、寝心地が悪いところを選んで寝るのです。枕も使いません。ただ冷たい床で寝るという方法です。すると寝心地が悪いので、起きたくなるのです。それまでの身体の「寝たい」という欲求が「早く起きたい」に変わります。

これは大学の頃、課題で忙しすぎて毎日徹夜していた時代に、友達が編み出した方法です。深夜にヘトヘトで帰ってきて、玄関で寝たところ、朝スッと起きれて、そのまま登校できた。。というエピソードを聞いて、自分もいまだに実践しています。

これによって、少ない睡眠時間で起きれます。ただ、睡眠の質的にはあまりおすすめできる方法ではありませんので、硬い床で寝て、腰や首が痛くなったりする可能性もあるので、注意してください。

まとめ

その他、シャワーを浴びる、ガムを噛むなど、、眠気を覚ます方法については、いろんな人がいろんなことを試しているので、自分に合った方法を見つけてくださいね!

コメント




タイトルとURLをコピーしました