<レビュー>IKEA BYLLANラップトップテーブルを使ってみた。おすすめポイント3つ+1番オススメの体勢!

雑記

リモートワークも広がり、家でパソコン作業することが一層多くなりました。皆さんは普段どんなスタイルで作業してますか?

今回は、僕がノートパソコン&iPadを家で作業する時の必須アイテムだと思っている『膝上クッション』の「IKEA  BYLLAN」を紹介します。

最初にこの「膝上クッション」をみたときは感動しました。「こんな便利なものがあるのか!!」と。

膝上クッションは、特にiPadを使っている人にとっては、iPadの使い勝手が爆発的に向上する超重要アイテムだと思います。

その理由を、おすすめポイント3つに分けて解説していきます。最後に僕が一番好きな体勢も紹介します(笑)それでは早速いきましょう!

おすすめポイントその1「ソファの上で作業できる」

椅子に長時間座っていると、僕はどうしても腰が痛くなります。色々態勢を変えたりしながら試行錯誤しているのですが、ソファーの上で仕事する。というのが意外とおすすめです。

膝上クッションがなくて、膝の上に直接iPadだと、ちょっと高さが足りないんですよね。不安定ですし。これがあるおかげで、快適にキーボードが叩けます。

大いなる余談ですが、このあぐら組んでキーボード打ちながら仕事するの、ずっと憧れだったんですよね。。なんかのテレビでプログラマーがでっかいソファの上でこうやって作業してて、「このパソコン一台で、どこでも仕事できます」とか言ってて、数年前の当時iPadも何も持ってなかった僕は「うおー時代の最先端だかっけええ」と妙にそのスタイルに憧れてました。

なので、この作業で仕事してると、最先端にいるようでずいぶんITっぽい空気が出せるので、とても気持ちが良いです。

↑もちろんあぐらじゃなくても。安定性を担保してくれます。

おすすめポイントその2「ipadごと移動できる。なんなら外でも」

ソファ以外で使う時にも役に立ちます。↑僕はこんなふうに、机に直接置いて使ったりもしてます。クッションがあるていど硬さがあるので、ふにゃふにゃして安定性を欠くことはありません。

なんなら公園にも持ってけますし、ピクニックする時も持っていけば、作業できます。クッション部分に取っ手もついてます。

このクッションの硬さが絶妙です。膝の形に合わせて形は変えてくれるけど、机の上においてもへたれはしない。枕みたいな感じです。

このクッションのある程度の硬さのおかげで、作業しやすいように自由に角度がつけられるのもポイントです。

机の上での作業が必要になったら、膝上クッションごともって、移動できます。僕は結構高さが欲しい方なので、このクッションの下にさらにボードゲームの空き箱などを置いて、高さを出したりもしてます。

ノートパソコンであれば、パソコンスタンドという便利なものもありますが、それごと移動できるという点ではこちらに分があるでしょう。

おすすめポイントその3「取り外して洗える」

こんなふうに机部分とクッション部分は分割できます。クッションについてる白いボタンを机にパチっとはめこむ感じ。

で、クッションにチャックがついてるので、内袋を取り外してカバーを洗えます。(内袋は洗えません)そこも写真に撮りたかったのですが、すいませんちょっとチャックが壊れて、開けられませんでした。。。。

一番オススメの体勢

膝上クッションを使い、いろんな体勢で作業を試す内、僕が辿りついたもっとも疲れにくい&長時間作業ができる「最強の体勢」はずばり、

『足を伸ばしてその上に、膝上クッション』

です。どんな体勢かというと、こういうことです↓

つまり、足置きが必要になります。座ってる椅子と高さがおなじくらいの小さいイスが必要ですが、是非是非この姿勢は一度試していただきたい・・・!非常にリラックスし、余裕のある心持ちで、作業できます。ストレスがかなり減ります。

足を組むとより余裕感が出て、(高さもついて)いいです。

場合によってはこれもクッションの上か下に、空箱を置いて、2段使いする時もあります。高さを出すとその分画面が近くなって、首を曲げなくて済むんですよね。

まとめ

今アマゾンで見たら、柄が変わってました!僕の持ってるグレー色は見あたらず。でも、もっとおしゃれになってますね。

一度試したらおそらく使わずにはいられなくなるでしょう。

おすすめ作業体勢も是非試してみてください!

コメント




タイトルとURLをコピーしました