CLIPSTUDIOの使い方⑥「テキストに白いふちをつける(選択範囲の拡大、ラスタライズ)」

Clip Studio

「選択範囲の拡大」を使って、テキストの文字まわりや絵の周りに白いふちをつける方法を解説します。白いふちとは、例えばこんなの↓文字の周りに白とか青の縁がついてますね。

途中で「ラスタライズ」についても軽く触れます。

4stepで解説していきます!

Step1、テキストを用意

まずはテキストを打ちます。

テキストを打ち終えたら、画面周りのどこでもいいので、一度タップしてください。すると、テキスト回りが変化するはずです↓

テキスト外の画面をタップすると変化

ちょっと分かりづらいのですが、周りの点が太くなっています。これで、テキストを入力する状態→テキスト自体の大きさや傾きを変えられる状態、に変化します。

この状態で「ラスタライズ」してラスターレイヤーにします。

Step2、テキストをラスタライズする

「ラスターレイヤー」にすることを「ラスタライズ」すると言います。ラスタライズするとドット絵になります。

文字を打てる状態ではなくなり、テキストレイヤー→画像レイヤーになります。画像として扱えるので、その上に絵を書いたり、引っ張ったり伸ばしたりできます↓

画面上のメニューバーから「レイヤー」→「ラスタライズ」で行います↓

(ちなみにラスタライズはショートカットキーも割り当てられます。僕は「R」にしてます)

Step3、選択範囲を拡大する

画像になったレイヤーを選択します。

(選択はcommandキーを押しながら、レイヤーのアイコンをタップ)

次に、選択範囲ランチャー内の左から4つ目「選択範囲の拡大」マークをタップ。

すると下のようなポップアップが開かれます。

ここで数字を5と打って「OK」を押します。これで選択している範囲を5ドット分拡大されます。

Step4、下のレイヤーで白く塗りつぶす

拡大された状態のまま 一つ下のレイヤーで白に塗ります。(塗りつぶしショートカットはG)*レイヤーがなければ作成→レイヤー右横のアディダスのような三本線を持つと下に移動できます。

これで白ふちレイヤーができて、完成、、なのですが、ちょっと周りも白なので、わかりませんね↓

下を黒く塗りつぶして見ました↓

これで完成!

まとめ

ペンで書いたやじるしも同じ方法で白ふちをつけられます。テキスト色や下の塗りつぶす色を変えたりして、色々試して行ってみてください!

コメント




タイトルとURLをコピーしました