CLIPSTUDIOの使い方その③「描いた絵に影をつける(クリッピング)」

Clip Studio

3ステップで絵に色をつけていきます。

ここでは「クリッピング」という機能を使います。

影をつける際めちゃめちゃ使える便利な機能なので、ぜひ覚えてください。影をつけるだけで、絵のクオリティが格段に増しますよ!

「クリッピング」って何?

一言でいうと、描いた線が下のレイヤー(またはフォルダー)からはみ出さない。という機能なのですが、どゆこと?ですよね。実際に手順の中で説明します。

1.影レイヤー(乗算)を作る。

まず、レイヤーが「線画」と「塗り」の2枚に分けられた状態になっています。

*分けられた状態になっておらず1枚のレイヤーになっている人はそのままでまったく構いません。

その上にレイヤーを作成します。<レイヤーの作成方法は赤枠内の上部にたくさん並んでいるアイコン(マーク)の一番左のマークをクリック、です↓>

レイヤーに「影」と名前をつけておきます。

<レイヤー名の付け方は、レイヤー名の部分をダブルクリックするとテキストが打てるようになりレイヤーに名前をつけられます>

「影レイヤー」を「乗算」にします。

これで影レイヤー(乗算)が作成できました。

2つのレイヤーを1つのフォルダーにまとめる

クリッピング前に、2つに分けれられているレイヤーを1つにまとめるために、「フォルダー」の中に入れます。

(*1枚のレイヤーになっている人は問題ありません。ここは飛ばし、次の手順2「クリッピングする」に進んでください。)

まず「フォルダー」を作成します。

「フォルダー」マークをクリックして作成。

「フォルダー」レイヤーに「線画」「塗り」2つのレイヤーを移動させます。

<レイヤーの移動は、レイヤー名の横にある3本の線のマークをクリックして移動します。この際、レイヤーの位置が少し右にずれます。ずれていると、きちんとフォルダーの中に入っています。影レイヤーや用紙レイヤーと同じ位置であれば、フォルダーの中には入っていません。>

2.クリッピングする

画像のアイコンをクリックして「クリッピング」レイヤーにします。

「クリッピング」レイヤーは横にピンクのラインが出てきます。

クリッピングはすぐ下のレイヤー/フォルダーに飲み適応されます。レイヤーを一つにまとめたのはそのためです。それより下にレイヤーがあってもクリッピングレイヤーは干渉しません。

3.影をつける

ブラシを選びます。色は大体グレーであれば問題ありません。サイズは100としました。

では、実際にクリッピングレイヤーで影を描いていきます。

影をつけた状態です。描いて貰えばわかると思いますが、クリッピングレイヤーにしてあるので、「線画」「塗り」レイヤーから線がはみ出しません。

クリッピングを外すと↓

グレーの線がはみ出します。

まとめ

以上、3ステップで描いた絵に影をつける方法でした。

次回は光(ハイライト)の付け方を解説したいと思います。

コメント




タイトルとURLをコピーしました