CLIPSTUDIOの使い方その⑤「選択範囲の縮小」

Clip Studio

選択範囲の拡大縮小

イラスト/漫画を描く際、非常に使用頻度の高い「選択範囲の拡大/縮小」の技術ですが、今回は縮小について解説します。

これができると下の絵のような背景が作れるようになります。

背景をよく見ると↓

外枠と、絵の輪郭まわりに白いふちができています。今回は「選択範囲の縮小」を使い、3ステップでこれの作成を目指します。

Step1 新規レイヤーを作成

まず、背景を塗った画像を用意し、(*色の塗り方については前回を参照してください)

その上に新規レイヤーを作成↓

用意したレイヤーの上に、新しいレイヤーができました。このレイヤーにを白ふちを作成して、背景の上に乗っける、というイメージです。

Step2 背景部分を白く塗りつぶす

背景の青色部分を選択します。

選択方法は、ショートカットキー『W』もしくはツールアイコンの自動選択を押したのち、青色部分をクリックすると選択されます↓

↑赤枠で囲った部分が選択されています。

そこで白く塗り潰します。(ショートカットキーはG)

背景部分を白く塗ったレイヤーが、元画像の上にのっかってる状態です。

step3 選択範囲を縮小

再び、白く塗ったレイヤーを選択。

(コマンドを押しながらレイヤーアイコンをクリックでも範囲選択できます)

範囲選択した際に出てくる「選択範囲ランチャー」なるものの中から左から5番目の「選択範囲の縮小」アイコンをクリック。

もしくはページ上メニューバーの「選択範囲」→「選択範囲を縮小」でも同じことができます。

上のようなポップアップが開かれます。そこで、縮小する数字を入力します。ここでは5といれました。これは5ドット分、選択範囲を縮小するということです。やり方をマスターしたのち、他の数値も試してみてください。

この5ドット分縮小した範囲で、削除(delete)します。

これで白ふちのついた背景が作成できます。↓

まとめ

選択範囲の拡大/縮小は様々な状況で使えますが、僕が最も使うのは今回紹介した背景部分です。

他には例えば、コップのふち、タイヤ、など、同心円をいくつか描くときなどにも重宝します。

次回は選択範囲の「拡大」をつかってできることを紹介します。

コメント




タイトルとURLをコピーしました