どちらを選べばいいの?広告漫画、YOUTUBE漫画の相場

雑記
いぬ吉
いぬ吉

絵をかく仕事を副業として始めたい。広告漫画とYOUYTUBE漫画を作成する仕事が気になる

いぬ吉
いぬ吉

でも、それぞれ仕事の値段っていくらぐらい?相場が気になる・・

今回はそういった悩みを持っている人のために、

広告漫画、そしてYOUTUBEチャンネル漫画の2つの相場について紹介します。

自己紹介

僕は現在、フリーランスとして広告漫画とYOUTUBE漫画、両方の仕事をこなし、月40〜60万の収入を得ています。

その内訳や単価などを合わせてご紹介します。

今回は個人で仕事を受ける場合の相場です。

大前提として、相手先の会社と案件によってピンキリなので、僕自身の報酬の例を絡めた話です。

相場の話の前に、そもそもなぜそう言った企業の案件を個人でゲットできるのかを考えてみたいと思います。

なぜ企業は個人に頼むのか。制作会社のメリット&デメリット

それは単純に製作会社に頼むと値段が高いから

と思われます。

広告漫画は制作会社に頼むと1ページ1万〜5万円ほど。

その制作費を抑えるために、広告代理店は、クラウドソーシングクラウドワークス、ランサーズ、ココナラなど)を使って、個人に発注します。

我々としてはそこの案件を狙います。

Youtubeチャンネル運営者や、広告代理店の方もここで絵描きさんを探しているので、向こうからも声がかかってきます。

無料なので、とりあえず登録しておきましょう。

それでは、相場についてみていきましょう。

個人で受ける広告/YOUTUBE漫画の相場

個人で受ける広告漫画の相場は、

1ページ数千円〜3万円

YOUTUBE漫画の相場は、

1ページ1000円〜3000円

が相場と思われます。

どちらが稼げる?

絵描きから見て、どちらが稼げるかは気になりますよね。

これはかなり乱暴なカテゴライズですが、私見で言うと

・継続案件ならYouTube漫画

・不定期だが、単価アップを狙うなら広告漫画

かなと思います。

僕は広告代理店2社と、チャンネル運営会社1社と、やりとりさせていただいてますが、それぞれの案件の内容と、どれくらいの報酬をもらっているのかお伝えします。

①広告代理店A

・漫画記事30〜40コマ(カラーまで)YOUTUBE動画50コマ前後(線画のみ)・・・制作日数3日で5万

②広告代理店B

・漫画記事30〜40コマカラーまで・・・制作日数3日で7万

③YOUTUBE漫画チャンネル運営会社

・YOUTUBE漫画20枚・・・制作日数3日で2万ちょっと

なので現在の主な収入は8割方、広告漫画を描いている広告代理店様からいただいてます。

こちらのサイトで、いわゆる企業の広告費といったものがいくらぐらいなのか?について、まとめられています↓

販促費用はいくらかかる?16種類の広告媒体料金
一時期の落ち込みから日本の総広告費が復活しています。あなたは、毎日目にするチラシやパンフレット、新聞広告、テレビCMなど、様々な広告にいくら費用がかかるかご存知ですか?今回は、日本の様々な広告媒体料金をご紹介します。

このサイトを見るとおり、

広告の仕事は広告主の企業から数百万〜数億円の案件をもらって制作、運用しています。

ではYOUTUBE漫画チャンネルの広告収入はどういったものなのでしょうか。

YouTubeチャンネルの広告収入を探る

Youtubeチャンネルがどれだけ収益を挙げているかは、公開してはいけない決まりになっているのですが、調べたところ、こういったサイトを見つけました↓

YouTube, Twitch, Twitter, & Instagram Statistics - SocialBlade.com
SocialBlade can help you track YouTube Channel Statistics, Twitch User Stats, Instagram Stats, and much more! You can compare yourself to other users and analyz...

これは一般に公開されている、「ソーシャルブレード」というサイトで、ユーチューブチャンネルのおおよその収益が計算できるというものです。

ソーシャルブレードの読み方についてはこちらのサイトを参考に発見しました↓

チャンネルが丸見え!Youtubeの便利ツール「Social Blade」がヤバい|Youtube顧客獲得研究所
こんにちは、朝比奈です。 本日は、ライバルチャンネルを分析する際にあると便利なツールを見つけたので紹介したいと思います。

登録者数200万人を超える漫画チャンネルの始祖、と言われる「フェルミ研究所」を調べたところ、

推定月収と推定年収がわかりました。

為替レートサイトに入れて月収を計算してみたところ、

少なくとも12.7k(ざっくり130万円)〜多くとも203k(ざっくり2、200万円)という値です。とんでもない規模ですね。。

登録者数がフェルミの半分の100万人のこちらのチャンネルでも、桁数は変わりませんね。。すごい稼いでる。

こちらは登録者数5000人ほどのチャンネルです。桁数は変わって、最高月収25、000円ぐらい?とだいぶ落ち着きました。

Carryman
Carryman

チャンネルがどれくらい儲けてるかはわかった。じゃあチャンネル運営のコスト(製作費)は?

製作費は一件だいたい3万(シナリオに3千円、漫画に2万、ナレーションに3千円、動画編集に5千円。この内訳はいくつかの相場を見て判断した適当な値段です。。)とすると、

毎日更新30日で1ヶ月90万ぐらいのコストがかかってくる訳です。

と、まぁこんな感じでチャンネル運営のお金事情を探ってみました。

推測なので、実際のところはわかりかねますが。。

どちらにも値段交渉してみた

実際に、どちらにも数社づつ、値上げ交渉してみました。

「まーそうですよね!」という感じですんなり受け入れてくれたところも、渋られるところもありました

僕がYouTube漫画の仕事をやめない大きな理由は、継続案件だからです。

(基本、チャンネルが毎日更新しているので、1本仕事をあげるとすぐ次の案件がもらえます。広告漫画の仕事もほぼ継続的にあるのですが、これほど早くはもらえません)

まとめ

「イラストで稼ぎたい」と思うのであれば、広告漫画の案件を探すかYOUTUBEのトップチャンネルのお仕事を探しましょう。

絵にそれほど自信がないという方はYOUTUBE漫画動画の仕事から始めるのはいい選択肢だと思います。

YOUTUBE漫画は「未経験の方OK!」とうたっている案件が多いからです。

広告漫画でもYOUTUBE漫画も、どちらも世に出回っているもののクオリティを考えるとピンキリなのですが(自分も偉そうに言えませんが。。)。

広告漫画の場合、

修正(直し)が厳しいところがあるので(やはり企業の絡む案件なので)、

敷居としてはユーチューブ漫画の方が低い気がします。

それが初心者の方にこちらをお勧めする理由です。

長々と読んでくださりありがとうございます。

今回は以上になります!

コメント




タイトルとURLをコピーしました