おすすめの画材ツール紹介〜アナログ・ペン編〜

雑記
いぬ吉
いぬ吉

みんなどんなツールで絵を描いてるんだろう

いぬ吉
いぬ吉

おすすめのペン・ツールは?

こんな方のために、アナログで絵を描く際に僕が使っているペンを4種、そしておまけとして手紙など文章を書く時のおすすめのボールペン2種をご紹介します!

1 PILOT 「V CORN」

他の記事でも何度もご紹介していますが、パイロットのVコーンです。

水性で、太さは0.5のみ。

何がいいかって、とにかくインクが、絶対に出る。あたりまえかもしれませんが、ペンを走らせている時、インクが出ないと言うのは、とてももどかしいものなんです。

脳内イメージを紙に書き写す時、インクがすれて描けないと、だいぶストレスがたまります。その点、このV−CORNはインク切れの時を除いて、かけないと言う心配がまずないです。

しかも安い。お店によるかもしれませんが、僕はいつも100円ぐらいで買えてます。

似顔絵描いてたときはインクの出のいいやつを2、3本持ってってました。

2 UNI 「PROCKEY」

UNIの水性プロッキー。油性のマッキーとどっちがいいか、とよく比較されるマジックペンですが、僕は断然プロッキー派です。

いぬ吉
いぬ吉

そんなに違うか?

書いている時の滑りの良さが違う、と感じます。

似顔絵を描く際の、ベタ部分(瞳や、髪の毛の密集している部分)と、名前を入れるときに使います。

3 PILOT「HI−TEC−C」

「漫画家はこれをつかってる」という話を聞いて、自分も探して使うようになりました。

肉眼で見てもわかんないんですが、先端のボールは3つの窪みで支えられており、それによって、摩擦が少なくてすみ、激細の線でも、滑らかに描ける、という仕組みらしいです。

細かい描き込みばかりしていた頃は、本当に重宝しました。

極細の0.25。そしてさらにその下の0.18(現在はネットで探しても出てこないですね・・販売終了?)という驚異的な細さがあり、冗談ではなく、それを箱買いしてました。

それ以下の細さのペンを見たことは、今でもありません。(ただ細いと、インク出が悪いことも)

4 サクラクレパス 「PIGMA」

↑何本もあると太さがわからなくなるので、色つけてわかりやすくしてます。

別名ドローイングペンともわれる、イラストや製図などに使われるペンです。

ピグマの他、デリーター「ネオピコライン」、マービー「フォードローイング」などたくさんの種類がありますが、正直これに関してはあまり違いがよくわかりません。。どれを使っても、ちゃんと描ける、という感じです。

よく使うのは、0.1と0.05です。

番外編 手紙を書くときのおすすめボールペン2選<STYLE FIT、JET STREEM>

UNI 「STYLE FIT」

友達の手紙の文字があまりにかっこよく、これ何使ってるの?

と聞いたら、よくぞ聞いてくれたと言わんばかりに、教えてくれました。

「自分もめっちゃ気になって買った」とのこと。

艶やかでかっこいい線が引けます。

ペン本体の「ホルダー」に、詰め替え用「リフィル」というペン軸を入れて使います。

・ホルダーは単色、3色、5色の3タイプ。

・カラーは全16色。

・太さは0.5。0.38。0.28。の3タイプ。

おすすめは単色タイプ。

ペン軸が入った単色タイプのホルダー

こちらが売られてる状態のリフィル
開けたらこんな感じ

シルバーは3色ホルダー。黒いのは5色ホルダーです↓

どっちかというとシルバー3色がおすすめ。カッコ良いです。

おすすめの太さは0.28と0.38。

字が汚いのは見逃してほしい

UNI「JET STREEM スタンダード」

油性ボールペンというくくりですが、正式には超低摩擦の「ジェットストリームインク」を搭載した、他では得られない描き心地のボールペン。めっちゃ滑らかです。

雑貨屋のアルバイト時代に、

バイト仲間
バイト仲間

このペン、描き心地ぜんっぜん違うよね

バイト仲間
バイト仲間

わかる、これめちゃいいよね!

と話していたら、それを聞いていた仕入れ業者の人も

業者
業者

わかります!ジェットストリームやばいですよね!!

と大いにみんなで盛り上がったボールペン。

・太さは0.38、0.5、0.7、1.0。

ジェットストリームは有名なシリーズらしく、いろんな形態で出ているようなので、皆さんに一度は試してもらいたいボールペンです。

↓0.38と1.0は需要が少ないのか、Amazonではセット売りしか見当たらず・・・。

以上、絵を描く時のおすすめペンツール5選と、文章を書くときのおすすめペンツール2選でした!

コメント




タイトルとURLをコピーしました