<頼んでみた>Youtube漫画/広告漫画の仕事を友達に外注してみた。メリット&デメリットについて考察。

雑記
いぬ吉
いぬ吉

仕事が増えてきたから、誰かに手伝ってもらいたい

いぬ吉
いぬ吉

かと言って、クラウドソーシングで本格的に人を雇うほどの量でもない

いぬ吉
いぬ吉

報酬はどれくらいにすればいい?

という方に向けて、今回は僕がYoutube漫画の仕事の一部を友達に頼んだ時の事について紹介します。

友達に頼んでみた結果

・良かったこと

・もっとこうすればよかったと思うこと

についてまとめたので、これから外注を考えている人はぜひ、読んでいってください。

外注を頼んだ理由

忙しくなってきて、時間が欲しいと思ったのが外注を頼んだきっかけです。

そしてYoutube漫画を制作する際の吹き出しと枠線作りを友人に頼むことにしました。

これは自分じゃなくてもできるんじゃないかと思ったからです。

まとめて頼む?一本づつ頼む?

まず、クライアント様に、シナリオを何本かまとめて貰えないか交渉しました。

というのは、友人に頼む時1本づつより、まとめて頼んだ方が効率的にも金額的にも良いかな?と思ったからです。

交渉した結果、その回は4本まとめて貰う事ができました。

その次の回は3つでした。

結果、3つぐらいがベストだと思います。

まとめてやると、ネームを一気にかけるというメリットがある反面、

ネームってめっちゃ頭使うので、地味にしんどいんですよ。。。

3つぐらいがちょうどよかったです。半日かけてズバー!って仕上げて送ります。

金額は?

いぬ吉
いぬ吉

いくらで頼む?

1本2,000円でお願いしました。

その後、相談の上3,000円にアップ。

✖️4本頼んだので、12,000円。

その他、

最初にZOOMで作業内容を説明するのに2時間ほど割いてもらったので、2,000円。

ClipstudioProの導入に5,000円。

なので初回に僕が払った額は計19,000円です。

よかったこと

まず、自分の時間ができたことが1番大きなメリットでした。

その時間で次の仕事にかかれるので、結果として請け負う仕事も多くこなすことができました。

友人にしても、空いた時間で稼げるので、良いのではないかな、と思います。

特に納期は設定しなかったのですが、頼んだ友人がデキる方だったのですぐさま納品してくれて助かりました。

こうすれば良かった!ということ

特にないですが、こう言った不安もあると思います↓

いぬ吉
いぬ吉

仕事を友人に頼んだら、関係性が変わってしまうのでは

そういう懸念もありましたが、結果として、そう言ったことは全くなかったです。まぁ、これは人それぞれだと思いますが。

金額をきちんと提示して、お互いが納得するまで話し合っていれば大丈夫と思います。

まとめ

仕事の規模が大きくなってくると一人では回せなくなります。

『アマチュアは一人で考える、プロは大人数でやる』

という言葉もあります。

身近な友人への外注から初めてみてはいかがでしょうか?

今回は以上です。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

コメント




タイトルとURLをコピーしました